シミ取りクリーム 副作用 影響

シミ取りクリームの副作用の影響は?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームの副作用の影響についてまとめてみました。

 

副作用の症状

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームを使用して直ぐに現れる副作用には、塗った部分の肌に赤みが出るなどの炎症があります。肌に熱を持っているのも、炎症を起こしている時に出る症状の一つです。特に、広範囲にシミ取りクリームを塗った時に、熱感を感じやすいです。

 

シミ取りクリームを使用すると、肌のバリア機能が一時的に低下します。バリア機能が低下した肌は保湿力が落ちるため、乾燥しやすくなります。痒みを感じるのは、肌が乾燥しているためです。肌の新陳代謝が高まるため、ニキビや吹き出物が表に出る事があります。

 

この場合は赤みや熱感が出た時と同じように、一旦使用を中止して落ち着いたら再開をして様子を見ます。

 

副作用が起こる原因

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

炎症などの副作用が起こる原因は、肌が元々弱かったりシミ取りクリームに含まれているハイドロキノンが肌に合わなかったり濃度が高い事が考えられます。また、ハイドロキノンが劣化していて、ベンゾキノンという毒性の成分に変わっている場合もあります。

 

ハイドロキノンに対してアレルギーを持っていたり、肌に対する刺激が強過ぎると皮膚炎を起こす場合があります。ハイドロキノンの濃度が高いものを使用すると、白斑が出来る事があります。白斑とは肌が他の部位よりも白くなる事で、同じ部位に長期間使用した時も起こりやすいです。

シミ取りクリームをニキビに使用する時の注意点とは?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームをニキビに使用する時の注意点についてまとめてみました。

 

ニキビに塗る際の注意点

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームをニキビに使用する時の注意点は、洗顔を行って化粧水後の肌が整った状態で塗る事です。予防を兼ねて肌全体に馴染む程度の量を手に取って、薄く馴染ませるように肌全体に塗っていきます。

 

そして、ニキビ部分には多めに塗りますが、肌に強い刺激を感じたら水で洗い流すようにして使用は控えます。シミ取りクリームをニキビ用の塗り薬と併用はしない事で、それは成分が混ざり合って効き目が落ちてしまいます。

 

白ニキビや黒ニキビは、ピーリング作用によって3から5日程で治ります。初期のニキビや赤ニキビは2週間で、最低でもターンオーバーの周期である1か月は使用します。ですが、1か月使用しても効果がなければ、使用は控えます。

 

ニキビに効果的な成分

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームでニキビに効果のあるものは、グリチルレチン酸ステアリルとL-アスコルビン酸とトコフェロール酢酸エステルが配合されているものを選びます。グリチルレチン酸ステアリルは、ニキビ用の塗り薬や化粧品に良く含まれている成分です。

 

抗炎症作用があって、赤ニキビやニキビ跡の赤みを抑えます。ピーリング作用もあり古い角質を溶かして、黒ニキビや白ニキビ等の芯が落ちて治せます。L-アスコルビン酸はビタミンC誘導体の事で、皮膚の下の傷付いた部分まで浸透してニキビ跡を修復出来ます。

 

トコフェロール酢酸エステルは、抗酸化作用がありターンオーバーを促してニキビ跡を改善します。

シミ取りクリームは唇に効く?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームは唇に効くかどうかをまとめてみました。

 

刺激が強いものは避ける

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームを唇に使う場合は、刺激が強いものは使うの避けます。シミ取りクリームに配合されているハイドロキノンの濃度が高いと、肌に刺激が強いため唇のシミに使うのはおすすめ出来ないです。

 

ハイドロキノンが配合されているシミ取りクリームを使用したい場合は、専門医に相談をしてから使用をします。

 

唇にオススメのシミ取りクリームとは?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームを唇に使用する時は、敏感肌専用のものを使用します。唇は肌とは異なり、ターンオーバーのスピードが早いです。なので、ハイドロキノンが配合されているシミ取りクリームを使用しなくても、簡単にシミを消す事が出来ます。

 

更に早くシミを消したい場合は、ビタミンC誘導体が配合されているシミ取りクリームを使用します。ビタミンC誘導体は、ハイドロキノン程肌に負担がかからず、シミを取り除く事が出来ます。また、保湿効果の高いセラミドナノスフィアを配合しているものであると、乾燥している唇をケア出来ます。

 

唇は乾燥しやすい部位であるため、特に寒い季節は乾燥しやすいです。乾燥するとシミが出来やすいため、肌と同じくらい気合を入れてケアを行う必要があります。一番おすすめになるのは、肌の美白ケアと一緒に唇に出来たシミのケアも行えるサエルです。

シミ取りクリームで赤くなる原因について

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームで赤くなる原因についてまとめてみました。

 

赤くなる原因とは?

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームを使用して肌が赤くなる原因は、シミ取りクリームが肌に浸透してシミを還元する時に現れます。これは好転反応と言われていて、薬が効いている証拠です。

 

特に、初めてシミ取りクリームを使用する時に出やすく、シミ取りクリームに含まれているハイドロキノンの濃度が高い場合も出やすいです。ほとんどは心配ないが、アレルギーやシミ取りクリームが強過ぎる可能性があるため注意が必要です。

 

好転反応であれば数日すると症状が治まるが、中には赤みが引かない場合もあります。この場合は、シミ取りクリームに配合されているハイドロキノンが肌に合っていない可能性があります。

 

赤みが引かない時は医師に相談する

 

シミ取りクリーム,副作用,影響

 

シミ取りクリームを1週間中止しても赤みが引かない場合は、使用するのを止めて皮膚科を受診します。シミ取りクリームの成分の中にハイドロキノンだけではなく、トレチノインという成分も含まれていると赤みが出る事があります。

 

トレチノインは肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促しているため、赤みと同時に皮剥け等が起こります。トレチノインを使用する時には、ほとんどは医療機関の指示の元で使用するため赤みが出ても医師の指示に従えば心配がないです。

 

自己流で使用している場合は、トレチノインの働きによる赤みなのか薬剤が合わない赤みなのかが判断出来ないです。このため、心配な場合は医療機関を受診します。

アルバニアホワイトニングクリームの通販申し込みはこちら!トップページへシミ・そばかすがコンプレックスの方、美容に興味がある方は、トップページでアルバニアホワイトニングクリームの詳細をチェックしてみてください。