シミ取りクリーム 敏感肌 注意点

シミ取りクリームを敏感肌の人が使う時の注意点とは?

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

敏感肌の人は、肌に刺激を受けやすいので、肌を守るためにメラニン色素が生成されやすい特徴があります。また、敏感肌の人がシミ取りクリームを使用する際、ハイドロキノンという刺激の強い成分が入っていると、肌を傷付けてしまいシミが増える原因になる場合もあります。

 

そのため、敏感肌の人は敏感肌でも安心して使う事の出来るシミ取りクリームを選ぶのがオススメです。

 

サエル

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

サエルとは、ポーラとオルビスが敏感肌のため作った共同の専門のブランドディセンシアシリーズで、その美白部門に該当する商品です。サエルは、ヴァイタルサイクルヴェールによってセラミドを補給して、肌を保護する膜を作ってくれます。

 

それにより、水分の蒸発を防いでくれるので、外部からの刺激にも強くなり、シミが出来にくくなります。

 

ムラサキシキブエキス

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

ムラサキシキブエキスにも美白効果が期待できます。ムラサキシキブエキスは、細胞の酸化を抑制して、ダメージを修復してくれます。また、炎症を抑制するコウキエキスやアルニカエキス、美白や保湿効果があるハトムギエキスが含まれています。

 

そして、無香料ですがローズやローズマリー、ゼラニウムなどの植物成分が配合されているので、フローラルな爽やかな香りが漂ってきます。さらに、クリームは水分量が多いのでテクスチャーは硬めですが、みずみずしい付け心地となっています。

海外のシミ取りクリームの特徴について

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

海外のシミ取りクリームの特徴について紹介してみます。

 

成分の配合量

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

ネットでシミ取りクリームを探していると、海外製品が見つかります。海外のシミ取りクリームは、日本製よりもシミに効果的な成分の配合量が多いので、効果的であると言われています。しかし、日本で販売されているシミ取りクリームは、認可されている成分が所定の濃度内で配合されています。

 

例えば、欧米では40年以上身近なシミ取りクリームの成分として普及しているハイドロキノンですが、日本では処方薬のみに認められています。日本で認可されていないという事は、日本では安全に使用する事が出来ると認めていられないという事になります。

 

ですが、2001年以降は、低濃度に限り市販品にもハイドロキノンの配合が認められるようになっています。また、インターネットが普及している現代では、販売されているシミ取りクリームを個人輸入で海外で簡単に購入する事が出来ます。

 

そして、海外輸入製品を取り扱っている業者から購入する事もできますが、取り扱いには注意が必要です。

 

副作用が少ないものもある

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

海外のシミ取りクリームの中には、副作用が少なく日本でも人気の商品も沢山あります。なので、海外製品を使用する時には、口コミなどを細かくチェックしてから使用するのをお勧めします。

 

また、購入をする際は、いきなりまとめ買いではなく単品で購入をし、体の目立たない部分でパッチテストしてから使うようにしましょう。

シミ取りクリームを妊娠中や授乳中に使って良いのか?

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

シミ取りクリームを妊娠中や授乳中に使って良いのかをまとめてみました。

 

副作用が考えられる場合

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

シミ取りクリームは、副作用が考えられる場合は妊娠中や授乳中の使用は避けた方が良いでしょう。そして、シミ取りクリームをどうしても使用したい際は、炎症などの副作用に気を付ける必要があり、副作用の心配がある成分が含まれている場合は使用を避けた方が良いでしょう。

 

赤ちゃんに対しての影響

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

シミ取りクリームの成分が、胎児や母乳に対し影響されないか気になるところだと思いますが、皮膚から成分が吸収される可能性は低いとされています。しかし、研究により安全性が証明されているわけではないので、注意が必要です。

 

また、赤ちゃんと顔を近付けたり肌が触れ合う事によって、間接的に赤ちゃんの肌にクリームが付着して口に入る可能性も考えられます。なので、授乳中のシミ取りクリームの使用は、控えた方が良いでしょう。

 

妊娠中の肌は?

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

妊娠中は、肌がデリケートなので、普段使っているスキンケア用品でも肌荒れを起こしてしまう可能性があります。また、シミ取りクリームによく配合されている「ハイドロキノン」の配合量が多い場合は、肌トラブルを引き起こす可能性が高まります。

 

医療機関で使用可能とされているものは?

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

シミ取りクリームの中には、妊娠中や授乳中でも使用しても大丈夫だと、医療機関で判断しているものもあります。ですが、医療機関で使用されているシミ取りクリームは、ハイドロキノンが比較的高濃度の3%以上のものが多いです。

 

副作用の少ない低濃度であれば使用しても問題がないが、高濃度の場合は使用しない方が良いかもしれません。

シミ取りクリームで効果的な塗り方とは?

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

皆さんは、シミ取りクリームを使ったことはありますか。シミ取りクリームは、使い方によってはとても効果的になります。よく、自分の好きなタイミングで自由に塗っている方がいますが、皮膚科医が推奨しているシミ取りクリームをつけるタイミングを紹介してみます。

 

入浴後に塗る

 

シミ取りクリーム,敏感肌,注意点

 

シミ取りクリームの効果的な塗り方は、入浴後に塗ることです。入浴後は、余分な油分や古い角質が落ちているので、化粧水や乳液で肌を整えて塗るのが効果的な塗り方になります。

 

このやり方であれば、早い方だと1本使い終わる頃には、顔のシミが薄くなってくる方もいらっしゃいますのでぜひおススメです。

アルバニアホワイトニングクリームの通販申し込みはこちら!トップページへシミ・そばかすがコンプレックスの方、美容に興味がある方は、トップページでアルバニアホワイトニングクリームの詳細をチェックしてみてください。